平成30年度秋期の基本情報技術者試験結果の得点分布はどうだった

平成30年度基本情報技術者
この記事は約4分で読めます。

平成30年度秋期の基本情報技術者試験の結果が情報処理推進機構(IPA)のホームページで掲載されている。
試験結果の得点分布も期間限定で掲載されていて、次回受験する人の参考になる。

スポンサーリンク

基本情報技術者試験の過去10年間の合格率

平成30年度秋期の試験結果については、情報処理推進機構(IPA)ホームページの統計情報に掲載されている。

応募者数は82,347(平成30年度春期73,581)人、受験者数60,004(51,377)人、合格者数は13,723(14,829)人であり、合格率(合格者数/受験者数)は22.9(28.9)%であった。

基本情報処理技術者試験の過去10年間の合格率をみてみると、おおよそ受験者の4人に1人しか合格できない難しい試験であることがわかる。

平成21年度~平成30年度の基本情報処理試験合格率

試験年度春期/秋期合格率% (合格者数/受験者数)
平成21年度春期27.4% (17,685/64,544)
秋期35.4% (28,270/79,829)
平成22年度春期22.2% (14,489/65,407)
秋期23.4% (17,129/73,242)
平成23年度春期24.7% (14,579/58,993)
秋期26.2% (15,569/59,505)
平成24年度春期23.7% (12,437/52,582)
秋期27.1% (15,987/58,905)
平成25年度春期23.0% (10,674/46,416)
秋期22.1% (12,274/55,426)
平成26年度春期23.9% (11,003/46,005))
秋期23.6% (12,950/54,874)
平成27年度春期26.0% (12,174/46,874)
秋期25.6% (13,935/54,347)
平成28年度春期30.4% (13,418/44,184)
秋期23.6% (13,173/55,815)
平成29年度春期22.5% (10,975/48,875)
秋期21.8% (12,313/56,377)
平成30年度春期28.9% (14,829/51,377)
秋期22.9% (13,723/60,004)

平成30年度秋期基本情報技術者試験の得点分布

得点分布

平成30年度秋期基本情報技術者試験の得点分布は、平成31年3月下旬まで情報処理推進機構(IPA)のホームページに掲載していて、確認することができる。

得点分布状況は下記のようになっている。

基本情報技術者試験 得点分布

平成30年度秋期試験(平成30年11月21日現在)

得点午前試験午後試験
90点~100点100  名311名
80点~89点2,002名1,723名
70点~79点7,261名4,806名
60点~69点12,012名10,009名
50点~59点12,681名13,533名
40点~49点10,519名13,014名
30点~39点5,913名9,416名
20点~29点1,432名4,610名
10点~19点60名1,510名
0点~9点5名217名
合計51,985名59,149名

【注意事項】
欠席された方や監督員の指示に従わず退室を命じられた
方の「得点」はありません。

 Copyright © 2018 Information-technology Promotion Agency, Japan(IPA)

出典統計情報(情報処理推進機構(IPA))の平成30年度秋期の得点(評価ランク)分布(平成31年3月下旬まで掲載)基本情報技術者試験を加工して作成

 

基本情報技術者試験では、各時間区分(午前、午後)の得点がすべて基準点以上の場合に合格となる。
問題の難易差が認められない限り、基準点は60点である。

表から受験者数は午前51,985名で、午後59,149名で午後の方が7,164名も多い。この理由は、午前試験免除を利用して受験者の人数の影響が大きいと推定される。

得点分布表と合格者数から、
午前試験で60点以上の人は、21,375名
午後試験で60点以上の人は、16,849名
合格者数は、           13,723名

受験者数は午後試験の方が7,164名多いのに、午後試験で合格基準点を満足した人は、午前試験を満足した人より4,526名も少ないことがわかる。また午後試験で合格基準点を満足した人の、試験合格率は81%と高い。

このことから、基本情報技術者試験は午後問題をどう攻略するかが合格の鍵であるといえる。

基本情報技術者試験おすすめの参考書、問題集
基本情報技術者試験は人気の国家試験であり、独学でも十分合格が狙える。合格を目指す勉強法として午前問題は早めに終わらせ、午後問題に時間を十分かけるという作戦が必要である。そこで独学で合格するために、おすすめの参考書、問題集を紹介したいと思う。
基本情報技術者
スポンサーリンク
自己啓発で切り拓く